So-net無料ブログ作成

『公文書をつかう』 [本]

瀬畑源さん著の単行本です。「公文書は国民共有の財産である」との視点から、公文書管理法の制定過程や思想・課題について書かれており、また、同法の各条文の解説にあたっても具体的でわかりやすいものとなっています。副題に「公文書管理制度と歴史研究」とあり、歴史に関心を持つ者として、読んでよかったと思える本でした(^_^)v

瀬畑源『公文書をつかう』(青弓社)
https://www.amazon.co.jp/%E5%85%AC%E6%96%87%E6%9B%B8%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%86-%E5%85%AC%E6%96%87%E6%9B%B8%E7%AE%A1%E7%90%86%E5%88%B6%E5%BA%A6%E3%81%A8%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%A0%94%E7%A9%B6-%E7%80%AC%E7%95%91-%E6%BA%90/dp/4787233327
nice!(1)  コメント(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。